きんぐこんぐブログ

Blog / News

焼肉で米沢牛を食べるとき、知っておきたい部位の特徴まとめ5選

いつもご利用ありがとうございます。
新宿駅から徒歩15分、新宿御苑前駅から徒歩3分、四ツ谷三丁目駅から徒歩13分焼肉・ジンギスカン「きんぐこんぐ」です。
 
今回ご紹介するのは当店で扱う米沢牛の部位別の特徴です。
それでは、さっそくご紹介いたします。
 

米沢牛イチボ

おしりの部分のお肉でサーロインに近い味わい。希少価値の高い部分です。

臀骨部分がHの形だったため「エイチボーン→イチボ」と呼ばれるようになったのだとか…

脂:★★☆☆☆

当店では米沢の契約牧場から毎週新鮮な米沢牛の赤身を仕入れています。 

イチボはお尻の希少部位ですが、毎日提供できるように入荷しています。 
赤身がしっかりして、食べ応えがある部位で、男性に大人気です。 

タレが一番おいしいです。
是非召し上がってみてください。

 

米沢牛ランプ

腰からお尻にかけての位置。赤身で肉の味が濃く脂は少なめ。厚切りでも柔らかいのが特徴です。
濃厚で癖がなく、あっさりと召し上がれます。
 
脂:★☆☆☆☆
 
当店では米沢にある契約牧場から毎週新鮮な米沢牛を仕入れています。
ランプはモモの部位で、赤身が物凄く柔らかくて、味があるので女性にも大人気です。 
ランプはタレが一番おいしいです。 

米沢牛の脂はとても上品で食べやすいのが特徴です。
是非召し上がってみてください。

米沢牛シンシン

ももの部分のお肉で、肉自体の味は濃厚で弾力もあって柔らかい。

脂:★★☆☆☆
 
当店では米沢の契約牧場から米沢牛の新鮮な赤身を毎週仕入れています。 

シンシン希少部位で、一番先に完売してしまいます。 
さっぱりした脂が女性に大人気です。 
是非召し上がってみてください。

米沢牛みすじ

焼肉好きには欠かせない「みすじ」。

腕の部分のお肉ですが、1頭の牛からわずか数キロしか取れない希少部位です。

みすじは肉の中に大きな3枚の筋が入っていることから、こう呼ばれるようになったそうです。

赤身の脂のバランスがよく、食感が独特。

口の中でとろける味わいは一度食べた人を魅了します!

脂:★★★☆☆

米沢牛の脂はとても上品で、赤身も柔らかいので女性に大人気です。 
みすじはウデの希少部位で、なかなか入荷しません。 
当店では毎日提供できますので、是非召し上がってみてください。

米沢牛ヒレ

腰推に沿った部分で「肉の女王」と呼ばれる部位です。

特徴はきめ細やかで、まろやか、くせもなく赤身の中でもっとも柔らかい部分です。

脂:★☆☆☆☆

当店自慢の一品です。 

米沢牛は脂が上品で、赤身が柔らかく、女性に大人気です。 
その中でもヒレは格別に美味しいです。 
口の中にいれた瞬間、噛まなくても食べれると、お客様から評判がとてもいいです。

米沢牛シャトーブリアン

ヒレの中で最も質がいい部分。超希少部位といっても過言ではありません。

1頭からわずか2㎏しか取れないこのシャトーブリアンは究極の旨みです。

当店では米沢の契約牧場から米沢牛の新鮮な赤身を毎週仕入れいます。 
シャトーブリアンはヒレの部位の真ん中の部分です。 

米沢のシャトーブリアンは赤身が柔らかくて、味があって、脂が上品なので、口の中で溶けてしまいます。

当店自慢の一品です。 

特別な日に是非召し上がってみてください。

引用元:食べログ